今すぐお金借りる方法まとめ【24時間以内即日借りれるキャッシング】

どこでお金を借りる?

お金を工面したいときにどこからお金を借りるかが重要です。借入れ場所によって融資額、金利、審査の条件が変わり、また返済のトラブルが発生したときの影響力も変わってきます。

身内・家族から借りる場合

身内・家族から借りる場合は、利息なしで貸してもらえる可能性が高いのでお得さはあるかもしれません。しかし、身内だからこそ借金に対する意識が薄くなりがちで、返済トラブルも少なくはないとされています。

お金の問題は良好な関係を悪化させる要因になってしまうので、身近な人間から借りるときは十分に注意する必要があります。

勤務先から借りる場合

勤務先から借りる場合は、従業員貸付制度を利用します。福利厚生の一環なので、安い金利で借りることもできます。

ただし、すべての会社にある制度ではありません。また、貸付額は多くて30万円、平均すれば10万円程度だとされています。

国・市役所・区役所から借りる場合

国・市役所・区役所から借りる場合は、公的融資制度を利用します。公的融資には目的に応じていろんな貸付制度が用意されています。

金利が低く融資条件は良いですが、審査が非常に厳しいことで知られています。そのため、誰でも簡単に利用できる貸付ではなく、借入目的によっては公的融資は現実的ではないでしょう。

銀行や消費者金融から借りる場合

銀行や消費者金融から借りる場合は、各社の金融商品から目的に応じて選択できます。金利や融資額は条件に応じて大きく変わるので一概ではありません。

比較的借りやすい貸付も多く、貸付トラブル等を踏まえても最も理想的な融資です。

カードローンを利用してお金を借りる方法

消費者金融や銀行は、貸付額・審査・安全性を考慮すると最も理想的な融資が期待できるでしょう。

消費者金融からお金を借りる場合

消費者金融からお金を借りる場合は、キャッシングという金融商品になります。無担保・無保証なので、本人の信用のみで融資を受けることができます。

原則として利用目的は限定はされていないので、

  • 生活資金
  • 教育費
  • 交通費
  • 旅費
  • 医療費

などどのような目的にも利用できる商品です。限度額の範囲で繰り返し借り入れをすることもできます。

銀行からお金を借りる場合

銀行からお金を借りる場合は、目的別ローンとフリーローンから選択します。

目的別ローン

目的別ローンは利用目的が限定された金融商品です。例えば住宅購入資金には住宅ローン、自動車購入資金にはカーローン、子供の教育資金には教育ローンがあり、特定の目的以外には利用できません。有担保型と無担保型があり、有担保型のほうが融資額が大きくなります。

フリーローン

フリーローンは利用目的が限定されない金融商品です。どのような目的に利用することもできます。有担保型と無担保型があり、金利や限度額に違いがありますが、大きな特徴は繰り返しの利用ができるか否かです。フリーローンの無担保型はカードローンといい、キャッシングと同じシステムの商品です。

利便性が高いのはキャッシングとカードローンです。どちらも小口融資で貸付け条件は同じですが、カードローンのほうが金利が低く、限度額が高くなっています。その反面では審査が厳しく、融資の基準は厳しくなります。

職業別お金を借りる方法は?

貸付申込みで最も重要なのは安定した収入です。企業に属して給料をもらっている有職者は収入が安定しているので、ほとんどの金融商品の申込み条件を満たしています。では、収入や雇用が安定していない人はお金を借りることはできないのでしょうか。

自営業者がお金を借りる場合

自営業者がお金を借りる場合は、会社員のように比較的どの金融商品の申し込み条件も満たしています。安定性がないという点で審査は厳しくなりますが、融資は受けられるでしょう。

事業資金の借入れなら銀行のビジネスローンや公的制度融資があります。

年金受給者の方がお金を借りる場合

年金受給者の方がお金を借りる場合は、年金を収入とみなしてお金を借りることができます。キャッシングやカードローンなら年金で審査ができる商品もあります。

学生がお金を借りる場合

学生がお金を借りる場合は、学生向けのキャッシングである学生ローンがあります。18歳以上(高校生不可)を対象としており、学生のみが申込み可能です。

学生本人がアルバイト等で収入を得ている必要があります。また、未成年者の場合は契約に当たり保護者の同意が求められます。

専業主婦がお金を借りる場合

専業主婦がお金を借りる場合は、配偶者貸付を利用します。配偶者貸付とは、配偶者の年収を審査の対象にできる制度です。

消費者金融のキャッシングは配偶者貸付の対象商品です。ただし、利用にあたり夫の同意が必要になります。

無職の人がお金を借りる場合

無職の人がお金を借りる場合は、アルバイトでもいいので何かしら収入を得る必要があります。どの金融商品も、収入があることが融資の条件です。

不労所得が収入源なら、そちらで審査も可能です。

消費者金融と銀行でお金借りる方法の違いは?

消費者金融でお金を借りる場合

消費者金融でお金を借りる場合は、

  • WEB
  • 無人契約機
  • 店頭
  • 申込用紙郵送

などで申込みができます。現在の主流はWEB申し込みです。

申込み時間によっては即日融資も可能です。ネットサービスに対応しているキャッシングなら申し込み、契約、借入れ、返済、明細確認などが全てネット上で行えます。

キャッシングカードは発行してもらえますが、ネットサービス利用者ならカードレスで利用することも可能です。

金利は高めですが、審査は緩くなっています。そのため、収入が低いなど条件が悪く、審査に自信がない方は消費者金融を選ぶのがいいでしょう。

銀行カードローンでお金を借りる場合

銀行カードローンでお金を借りる場合は、

  • WEB
  • ローン契約機
  • 銀行窓口
  • 申込用紙郵送

などで申込みができます。こちらも主流はWEB申し込みです。

商品によっては口座開設が申し込み条件に入っています。すでに口座を開設している銀行なら、キャッシュカードにローン機能を付けることもできます。

銀行カードローンは大手消費者金融と提携して運営していることも多いので、消費者金融の利便性を持ち合わせた商品もあります。

消費者金融に比べると低金利で限度額も高くなっていますが、審査は厳しめです。

どちらも無利息サービスを提供している商品があります。サービス内容は商品によって変わりますが、

  • 「新規契約者に対して、契約後30日間は利息なしで返済ができる」
  • 「一定の条件を満たせば翌月10日間は利息なしで返済できる」

などがあります。

消費者金融でお金を借りる流れは?

審査申し込み基準は?審査の流れは?在籍確認は?など、気になる消費者金融の申込みに関する疑問を解消しましょう。

審査基準

審査基準は消費者金融によって変わるので一概に何を満たせばクリアできるという基準は存在しません。一般的に、金利が高い中小消費者金融ほど審査基準が緩くなっているとされています。

審査の流れ

審査の流れは、「申込み内容を元に個人情報の確認」「信用情報機関の記録内容を元に信用情報の確認」「本人確認書類の確認」「在籍確認」が行われます。

在籍確認

在籍確認は、在籍する会社に電話による確認があります。ただし、初めてキャッシング申し込みをした方、前回の申込みから会社が変わった方が対象になるケースがほとんどで、全ての方に確認があるわけではありません。